弾性ストッキング・コンダクター認定制度

  1. 趣 旨
    医療機器である弾性ストッキングは、下肢静脈瘤の治療、深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症の治療・予防およびリンパ浮腫の治療に幅広く使用されている。合併症なく十分な効果を得るためには、正しい適応、ストッキングの圧迫圧・タイプ・サイズの適切な選択、着用時および着用後の注意深い観察が大切である。このため日本静脈学会では弾性ストッキングの適切な使用のため、弾性ストッキング・コンダクターの教育、育成ならびに認定を行う。

  2. 業務の範囲
    弾性ストッキング・コンダクターの業務は医師の指示のもと、ストッキングの種類・サイズの判断、着用時の指導、着用後の不満・問題点の相談を受け適切な指導を行うことである。業務範囲は各人がもつ国家資格の範囲を超えるものではない。

  3. 弾性ストッキング・コンダクター養成委員会
    本業務を円滑に遂行するため、日本静脈学会の中に弾性ストッキング・コンダクター養成委員会をおく。

  4. 弾性ストッキング・コンダクターに要求される知識,技術
    1)静脈疾患(肺血栓塞栓症を含む)、リンパ管疾患、に対する基礎的な知識
    2)弾性ストッキングに対する専門的知識および技術

  5. 認定対象者
    日本国における医師、薬剤師、看護師、准看護師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、診療放射線技師、臨床工学技士、リンパ療法士(LT)、あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師のいずれかの資格を有していること。

  6. 資格認定および更新
    資格認定および更新:弾性ストッキング・コンダクター養成委員会が資格認定および更新認定を行なう。
    新規資格申請には、講習会を受講した上で、受講後2年以内に30人に対する臨床指導を必要とする。
    弾性ストッキング・コンダクターの資格は5年間有効とし、更新には資格終了前2年間に施行される認定講習会を再度受講するか、同期間中に30人に対する再度の臨床指導を必要とする。
    ※本規定発行前にすでに認定を受けている者の認定期間は、本規定の発行より5年間とする。

  7. 認定・更新のための提出書類
    事務局は不定期に移動しています。書類送付直前にホームページで書類送付先をご確認ください。
    申請書類には、メールアドレスまたはFax番号(メールアドレスが好ましい)を必ずご記入ください。
    どちらもない場合は、連絡用の葉書(宛名書きしたもの)をご同封ください。
    以上の連絡先が不明な場合、認定書の発行が遅れる可能性があります。


    1)初回認定:
      1. 申請申込書(ホームページよりダウンロード
    2. 国家資格のコピー 
    3. 認定講習会受講証明書のコピー (下記8参照)
    4. 30人への臨床指導内容書 (下記9参照)
    5. 申請料の振り込みが確認できる取引明細書等のコピー
    申請料:3,000円(認定料・返信用切手代を含む)
    振込先:みずほ銀行 新宿支店 普通預金2259887 弾性ストッキング・コンダクター認定事務局
    ※弾性ストッキングコンダクター養成講習会受講後2年6ヶ月以内に申請を行うこと(本規定発行2011年8月1日付)。ただし、規定発行以前に受講の方はこの限りではない。

    2)更新認定:
      1. 更新申請申込書(ホームページよりダウンロード
    2. 前回の認定書のコピー 
    3. 新しい認定講習会受講証明書のコピーまたは30人への臨床指導内容書 
    4. 申請料の振り込みが確認できる取引明細書等のコピー
    申請料:2,000円(認定料・返信用切手代を含む )
    振込先:みずほ銀行 新宿支店 普通預金2259887 弾性ストッキング・コンダクター認定事務局

    ただし特例として認定期間が過ぎてから2年以内の講習受講で更新とする。さらに失効後2年以上経過した場合は講習受講と5人への臨床指導内容書を追加提出することで更新とする。なお本規定発行(18年6月)以前にすでに認定を受けている者の認定期間は、18年6月の時点から5年間とする

    3)認定証発行について
    認定証の発行は年間4回となります。3月末、6月末、9月末、12月末
    ※申請書類がすべて提出完了した日以降の一番近い上記発行日に認定証の発行となります。
    例)4月上旬申請書類提出完了→6月末認定証発行

    申請書類送付先
    〒160-8488
    東京都新宿区歌舞伎町2-44-1
    東京都保健医療公社大久保病院 外科内
    弾性ストッキング・コンダクター認定事務局

    〒236-0037
    神奈川県横浜市金沢区六浦東1-21-1
    横浜南共済病院 心臓血管外科内
    弾性ストッキング・コンダクター認定事務局

    4)認定証再発行について
    認定証の再発行は事務局で確認のうえ、再発行致します。メールにて御連絡ください。
    手数料:2,000円(発送料込)

  8. 認定講習会
    講習会の内容
    テキスト、スライド等を活用した講義、弾性ストッキングを用いた実技指導をおこなう。
    1)講義(脈管系の解剖・生理、静脈およびリンパ管疾患の概要、弾性ストッキングを中心とする圧迫療法の概要)
    2)弾性ストッキング着用法指導の実技
    ※講習会は、日本静脈学会理事、評議員を地区世話人として、毎年、全国各地で開催する。詳細は、このホームページの「開催予定」タブを参照のこと。講習会の開催予定は、詳細が決まり次第、ホームページ上で情報が更新されます。
    ※講習会では、平井正文、岩井武尚、星野俊一著「新・弾性ストッキング・コンダクター」(へるす出版)をテキストとする。
    3)講習会受講証再発行について
    原則行いませんが、受講の確認が証明できる場合のみ弾性ストッキングコンダクター認定事務局にて手数料:10,000円(発送料込)再発行いたします。


  9. 臨床指導内容書
    臨床指導期間
    1)初回認定:講習会受講日より2年間
    2)更新認定:前回認定日以降
    所定の用紙に診断名、指導目的および指導内容を記載し、職場責任者の署名または記名+捺印を受ける。
    ※職場責任者とは、施設の長(院長など)や職域の責任者(医長、看護師長、主任、科長、技師長、その代理など)をさす。
    ※臨床指導内容書は、ホームページよりダウンロードできます。


  10. その他
    改姓され、講習会受講証や前回認定証と姓が異なる場合は、改姓を確認できる書類(戸籍証明書類、または、運転免許証裏表のコピーなど)を、申請書類に追加してください。

付則 この規定は平成26年11月13日から施行する。