静脈学,13(3):217-222,2002

総説

ナットクラッカー症候群(左腎静脈捕捉症候群)に対する左腎静脈転位術の手術経験
All Text石橋 宏之1,太田  敬1,杉本 郁夫1,竹内 典之1,永田 昌久1,本多 靖明2
愛知医科大学心臓・血管外科1
愛知医科大学泌尿器科2
●要 約
 ナットクラッカー症候群(左腎静脈捕捉症候群)は,左腎静脈が上腸間膜動脈と大動脈との間で圧迫され,左腎静脈還流障害から血尿,腰痛などを呈する疾患である.
症例 1:24歳,男.15歳時から肉眼的血尿と左側腰痛を認めた.貧血はなく,腎機能は正常であった.上腸間膜動脈-大動脈間距離は 4mm,左腎静脈-下大静脈圧較差は6.8cmH2Oであった.症例 2:16歳,男.11歳時から肉眼的血尿を認めた.軽度貧血があったが,腎機能は正常であった.上腸間膜動脈-大動脈距離は 6mm,左腎静脈-下大静脈圧較差は5.4cmH2Oであった.いずれも左腎静脈転位術を行った.症例 1 は症状が消失した.症例 2 は吻合部が閉塞したが,保存的治療により軽快した.
 左腎静脈転位術は,左腎静脈が下大静脈に流入する部位を切離し,大動脈-上腸間膜動脈間距離が広い尾側に再吻合するものである.侵襲も少なく,確実な術式であるが,2 例目が閉塞したのは反省すべき点であった.
●索引用語
ナットクラッカー症候群,ナットクラッカー現象,左腎静脈捕捉症候群,腎静脈転位術,特発性腎出血
受付日:2001年9月13日
もどる